髪質コントロールケアシステム「美髪エアーヴェール」とは?




“美髪“をデザインする『美髪エアーヴェール』(施術行程を紹介)

 「縮毛矯正でも、システムトリートメントでも、酸熱トリートメントでもない・・・」美髪エアーヴェール

髪質コントロールケアシステム「美髪エアーヴェール」

 ジェイウォークの重要課題、“エイジングによる髪質のお悩み“に効果大ということで、メニュー化に向け準備を進めてまいりました。

 

⇓ 詳しくは ⇓

 

髪質コントロールケアシステム「エアーヴェール」の施術工程

サイエンスアクア施術前

【before】毎日のアイロンによるダメージ・パサつき・硬さに加えややうねりが見られます。

美髪エアーヴェール開始です!

サイエンスアクア プレシャンプー後

「美髪エアーヴェール」の妨げになるものが髪に残らないようプレシャンプーをした後、完全に乾かしドライの状態から始めます。

サイエンスアクア アルカリ電解水塗布後

「アルカリ電解水」“たっぷり”と髪が欲しがるだけ塗布します。

(髪が緩み、柔らかさを感じるようになります。)

精製水を電気分解したアルカリ電解水が、キューティクルを緩め柔らかくします。

サイエンスアクア モイスチャー塗布後

上から「脂質性アミノ酸」を、これまた“たっぷり”白浮きする位に塗布します。

(髪にもっちりタプタプ感を感じるようになります。)

CMC及びアミノ酸系の脂質が、髪内部の疑似修復を行います。

再度「アルカリ電解水」を塗布(モイスチャー浸透の補助)

美髪エアーヴェール施術工程(ヒートキャップ)

ここで、ヒートキャップ(適温にてムラのない浸透促進)を使用して、熱入れを15分行います。

この時点で光沢感質感の変化を感じられるようになります。

サイエンスアクア モイスチャー塗布後のアイロン工程

お流し後、アシッド」トリートメント処理を行います。

「アシッド」・・・アミノ酸の集合体。キューティクルを収れんさせ栄養素の閉じ込めと質感向上を行います。

サイエンスアクア プレーンリンス後

お流しが終わったら“ていねいに、やさしく“ハンドブローで乾かします。

サイエンスアクア(仕上げアイロン前)

最後にアイロンで仕上げの熱入れを行います。

(ここでのアイロンも、あくまで安定・定着が目的なので髪に負担のかからないよう、やさしくスルーで入れていきます。)

サイエンスアクア(アイロン仕上げ)

サイエンスアクア(仕上げアイロン後)

【after】艶・潤い・柔らかさ・自然なハリコシ!

 

 工程は一見シンプルですが、触覚・視覚・理論をフル稼働のもとお客様個々の髪質・状態に合わせた施術を行うことで、最高の美髪を生み出すことが可能となるスペシャルメニューとなっております。

 

繰り返すほどに“美髪”を実感

 一回だけでも、普段のツヤ・質感UPまとまり感・扱いやすさの違いを充分に実感いただけると思いますが、一回目より二回目、二回目より三回目と繰り返すほどにツヤと潤いを増し、さらに扱いやすい美髪に変化していきますので、まずは月に一度、三回の美髪エアーヴェールがオススメです。

美髪エアーヴェールによる髪密度

 エイジングやケミカルダメージによるうねりやパサつき・広がり、ツヤ・ハリ・コシなどのお悩みはもちろんですが、美髪対応の可能性を日々更新させ進化を遂げている「美髪エアーヴェール」ですので、少しでもご興味・ご質問・ご相談等ございましたらお気軽にご連絡・ご来店ください。

 

注)施術例はブローorアイロンにてスタイリングしております。
「美髪エアーヴェール」は、髪の艶・潤い・まとまりの効果を高めていく事を目的とした髪質改善メニューとなっております。
 縮毛矯正ではありませんので、クセを緩めることはできても“真っ直ぐ”にはなりません。クセ毛にお悩みの方には『エアーストレート』をオススメしております。

ノンアイロン弱酸性縮毛矯正「エアーストレート」

 

【美髪エアーヴェール】施術例 ▼▼▼

#髪質コントロール
#髪質改善
#美髪ケア
#質感コントロール

#素髪コントロール
#髪質改善トリートメント
#素髪改善