「クセ毛対策」には“パーマ“もオススメ!

 【ストレートパーマだけじゃない!梅雨の時期を乗り切りたい「クセ毛対策」にはパーマも有効です。】

 今回は、前日にご自分で30cmも切ってしまった!?という“クセ毛“のお客様にご来店いただきました。

 

 今までは長かった髪の重さによって“おさまって“いたであろう、クセによる広がりが収拾のつかない状態に・・・。

 

 ということで、「パーマスタイル」にてこの窮地を乗り切ることに。

 

 今回のお客様の場合は、全体に“波状“のクセ(日本人には多いクセ毛です)がありますが、特に強いのは後ろの内側(顔周りや後頭部下あたりのクセが強い方は多いです。)。これにより、不自然に膨らんでしまうんです。

 

 仕上がりのイメージは「大きめウェーブ」。

 

 部分により「強さ・形状・生え方の異なるクセ」に対し、ロッドの大きさや巻き方を変え施術していきます。

(クセ毛でない方も同じなのですが、髪の量・生え方・クセなどは頭の左右や部分で結構違うものなのです。再現性の高いスタイルに近づけるためには、髪に合わせた施術が当然必要になってきます。)

 

 クセ毛の特徴であるコルテックスの偏りによる水分バランスを整えるため“保湿”メインの前処理を施し(これにより広がりを抑える効果も)コスメパーマをかけていきます。

 

クセ毛によるパーマスタイル

もとのクセも活かしつつ・・・

クセ毛によるパーマスタイル②

 

 スタイリングですが、「これからの暖かい季節は洗いっぱなしでも・・・」と言いたいところですが、地毛がクセ毛の方は、しっかり乾かしたほうがスタイルの持ちが断然いいです。(特に湿気の多い時期は・・・)

 

 クセ毛は湿気に影響を受けやすいので、乾かすことにより水分バランスを整えながらウェーブの形状をある程度コントロールした上でスタイリング剤をしっかりめにつけることで、一日崩れにくいスタイルが実現できると思います。

 

 クセ毛の方の場合、まとまりを悪くする原因のひとつには、髪の不規則な動きによって広がることが多くあります。

 髪質や長さによっては、この不規則な動きにある程度規則性を持たせるだけでまとまりやすくなる事もありますので、クセ毛でお悩みの方で「ストレートパーマ」や「ストレートのスタイル」などに少しでも抵抗や違和感をお持ちでしたら、ご相談いただければと思います!