■ エルゴチオネインとは

 高い抗酸化作用により細胞の衰えを抑制する【エルゴチオネイン】

  『エルゴチオネイン』は、1911年に化学構造式が決定された「アミノ酸」のひとつです。

 

 自然界では、キノコ類などの菌類や一部の細菌のみが合成できるアミノ酸なのですが、水溶性で“熱“や“酸・アルカリ“に強く、120℃に2時間浸けたままにしてもほとんど影響を受けることがないというほど、非常に安定した性質のアミノ酸です。

 

 

 『エルゴチオネイン』は元々多くの生物に存在しますが、動植物では生み出すことができないため植物は土壌細菌が生み出したものを根から吸収して、また動物は植物を摂取することにより体内に取り込みます。人間も同様で、食物から得て肝臓や腎臓、赤血球や皮膚などに貯蔵します。

 

 では、エルゴチオネインの効果とはなにか・・・。

 

 それは〖 抗酸化作用 〗です。

 

 その強さはビタミンEの7000倍とも言われています。

 

 「抗酸化」とは酸化することを抑制する、つまり「錆びさせない」ということです。

 

 私たちが生きていくために酸素は不可欠ですが、身体に取り込んだ酸素の一部は他の分子と結び付き高い酸化力を持った「活性酸素」へと変化します。この活性酸素が蓄積されると、老化のスピードを早めるだけでなく免疫力の低下や生活習慣病などさまざまな疾病の原因になることも分かっています。

 

 もちろん体の中には、活性酸素を抑制する抗酸化物質が存在し「酸化」「還元」を繰り返し、生きているということが言えます。日常、「酸化」と「還元」がバランスをよく行われているうちは問題ないのですが、「酸化」は年齢を重ねる毎に「還元」を上回っていきます。(これが老化ということです。)

 

 活性酸素が増える原因としては、加齢によるものばかりではなく、ストレスや紫外線、生活習慣、環境汚染などさまざまですが、〖 抗酸化 〗が美容にも健康にも不可欠であることは間違いありません。

 

 食事に気を使い、生活習慣を見直し、適度な運動を心がけ、ストレスをためないなど日頃の生活に気をつけるだけでも、軽減の効果が見込める事は多いのではないでしょうか。

 

 『エルゴチオネイン』の優れた抗酸化作用は以前より認められていましたが、その抽出方法が難しいため近年に至るまで充分に解明されることはありませんでした。しかし研究が進むにつれ、『エルゴチオネイン』の多岐にわたる機能が明らかとなった今では、特にその優れた抗酸化作用に注目が集められています。

 

エルゴチオネインの効果

 

 【ジェイウォークで扱っている『エルゴチオネイン』は天然キノコから抽出され液化したもので、「エルゴチオネイン美容研究会」におけるさまざまな臨床試験に基づいた結果から、効果・安全を確認し理解したうえで使用しております。】

 

2018-04-10