■ エルゴチオネインが髪にもたらす効果

 「肥毛効果」と「脱毛抑制効果」で細毛・抜け毛を解消

① 肥毛効果

 髪はあらゆるアミノ酸の結合により生成されますが、髪の成分と同じ含硫アミノ酸である「エルゴチオネイン」の機能性分子群(リプレ)が髪の毛の中に入り込むことにより新たな結合(ジスフィルド結合)を生成します。このことにより、髪が物理的に太くなる『肥毛効果』が得られます。

(群馬産業技術センターで行われた毛髪試験では、毛髪が1.6%太くなったという結果が出ています。)

 

② 脱毛抑制効果

 また、「エルゴチオネイン」の機能性分子群(リプレ)には、AGA(男性型脱毛症)の主因とされるジヒドロテストステロン(DHT)を生み出す5αリダクターゼという酵素の阻害作用が認められており『脱毛予防・進行抑制効果』が期待できます。

【DHTには毛母細胞の働きを低下させる作用がある】

 

③ 毛母細胞の活性

 そしてエルゴチオネインの抗酸化作用により毛母細胞が活性』することで短く細いまま生え変わっていた毛髪は、細胞分裂を繰り返す毎に太さおよび長さを取り戻していきます。

 

2018-04-09