過度の“フケ”は皮膚炎の可能性も

 大きめの塊がポロポロと落ちてくるような、ひどいフケ症の場合「脂漏性皮膚炎」の可能性が疑われます。

 

 脂漏性皮膚炎皮脂腺の皮脂の分泌が異常に高まって起こるものですが、皮脂の分泌の多い頭や顔、わきの下、背中の中央部などによくできます。顔ではTゾーンといわれる部分に多く、赤くなって周りの皮膚がむけ、粉をふいたようになります。あと、耳の後ろなんかも起こりやすい部位となります。

 

 頭皮においては、脂っぽくべたついて赤みがあり、表面には黄色みがかった角質の塊ができ、フケとなってはがれ落ちます。

 

 脂漏性皮膚炎は、通常かゆみを伴いますので、放置しておくと炎症が悪化し、脱毛を招きやすくなってしまいます。【脂漏性脱毛症(ひこう性脱毛症)】

 

 皮脂の分泌量男性では30-40歳代女性では10-20歳代がピークとされていますが、脂漏性皮膚炎においては40-50代の男性が圧倒的に多いといわれていますが、女性にも起こります。

 

頭皮のフケ・かゆみ

 

 また、シャンプーやリンス・トリートメント、ヘアカラーや肌に合わない化粧品によって、「接触皮膚炎(=かぶれ)を引き起こした場合にも、フケ症のように頭皮からパラパラと角質が落ちてくることがあります。炎症部位が赤くなり、場合によってはかゆみを伴うことも・・・。

 (症状が頭皮よりも顔や耳、首や肩などに強く出る場合も多くあります。)

 

ジアミンによる薬害

★白髪染めによるアレルギーかぶれ抜け毛細毛がご心配な方⇒「輝髪 ザクロペインター」

 

 

 気になる症状急激に症状が出た場合等は、ひどくなる前に皮膚科での診療をおすすめします。

 

 予防や日々のケアに関しては、シャンプーの選び方正しい洗髪方法などで皮脂のバランスを保ちトラブルを未然に防ぐことが可能かと思います。お気軽にご相談ください。

 

過度の“フケ”は皮膚炎の可能性も」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 女性の"薄毛・抜け毛"と「毛周期」 | 美容室J-walk(ジェイウォーク) | 世田谷区梅ヶ丘髪と頭皮エイジングケア

コメントは受け付けていません。